編み物の材料

 編み物の材料の買い物に行ってきました。
 私は基本的に、近くの「ユザワヤ」に買いに行きます。

 ユザワヤって、関東近郊だけなんでしょうか?
 編み物の材料だけではなく、ハンドメイドの材料などかなりの品揃えです。

 欲しいものがほとんど、ここだけで揃うので重宝しています。

 それと、ここで買ったものであれば、特殊な工具を借りられます。
 作業の場所(作業台)も貸してくれます。

 うれしいサービスです。

 でも、簡単なものなら、100円ショップにもあるんですね。
 この間、近くの100円ショップで買い物してたら、編み物の道具が目に入りました。

 編み棒や、編み針、毛糸など・・・
 いろいろ、買い込んできましたけど、品質もそこそこです。

 100円で、これだけのものが揃えば大満足です。
 お近くの100円ショップに足を運んで、みてはいかがですか?

編み物との組み合わせ

 編み物はそれ自体で、非常に素晴らしいのですが、いろいろなものと組み合わせることによって、更に素敵な手作り品が楽しめます。

 編み物は、様々なものと組み合わせることができますが、もっとも相性がいいもののひとつに、リネンがあります。

 「リネン」と聞くと、シーツなどの寝具を想像しますが、今回はそれではありません。

 リネンとは、、亜麻の繊維成分を原料とした織物のことです。
 別名リンネルとも呼ばれています。

 リネンは、吸湿性に優れた生地で、薄地でさらりとしてはいますが、かなり丈夫で、さまざまなものに利用されています。

 さらりとした特性で、夏用の衣服に使われることが多いです。
吸湿性がいいですからね。

 そのリネンと編み物は非常に相性がいいです。
 編み物とリネンを組み合わせれば、デザインに幅がでて個性的で素敵な手作り品ができるのではないでしょうか?

 この組み合わせは、オススメです。

編み物贈り物

 編み物で作るもので、もっとも多いのは赤ちゃんのものでしょうか?

 生まれてくる赤ちゃんのために、せっせと編み物をするのって楽しいでしょうね?
 それに、赤ちゃんの使うものだと、小さいので手軽に編めるのがいいですね。

 生まれてからだと、とても忙しくて、編み物どころではなくなってしまうので、出来れば妊娠中に完成させたいものです。
 でも、無理は禁物ですよ。

 無理せず、楽しみながら編みましょう!
 生まれてくる赤ちゃんも、おかあさんの愛情を、きっと感じてくれることでしょう。

 もう一つ、誕生日やバレンタインデーに彼への贈り物を編むのも多いでしょう。
 特にバレンタインデーは、季節も冬ですから、編み物で作ったものは喜ばれることでしょう。

 しかも手編みだったら、彼氏も感激でしょう!

 テクニックや出来栄えはともかく、心を込めて編むことが尊いんですよ。
 心を込めて編んだものは、きっと彼氏の心を動かすことでしょう!

 愛情込めて編んだものは、贈った相手に暖かさとともに、あなたの心も運んでくれています。

かぎ針編み

 棒編みもいいけど、かぎ針編みも楽しそうです。

 私の知り合いで、かぎ針編みの上手な人がいるんです。
 1本のかぎ針で器用に編んでいきます。

 何を編んでると思いますか?
 なんと、ねこです。”あみねこ”って呼ばれているものです。
 (※あみねこの著作権は、ねこやま様にあります。)

 彼女の編んだ、”あみねこ”の画像を貼っておきますね。
(クリックすると拡大します)

20070104174153.jpg

 いかがですか?
 編み物でこんなに可愛いねこが出来ちゃうなんて、感動的じゃないですか?
 
 彼女も、ブログを書いています。
 ここで、ご紹介します。

 かぎ針編みに魅せられて

 ぜひ、遊びにいってくださいね。

編み物開始!

 ついに編み始めました!
 先ずは、”ひざ掛け”に挑戦します。

 何故、ひざ掛けなのかは、大きく四角く編めばOKなので・・・(笑)
 編み方は、【鹿の子編み】にしました。

 【鹿の子編み】は、少し複雑ですが、網目のばらつきが判りにくいので、初心者でも安心?
 普通に編んでいくと、編み物って反り返って来ちゃうらしいのですが、【鹿の子編み】の場合は、比較的まっすぐに落ち着きます。

 以上の理由から、【鹿の子編み】にしました。

 途中経過の画像をアップしますね。


ami.jpg


 編み始めるにあたって、たくさんの本を買い込みました。

 いろいろ読んでみて、編み物の作り方が少しずつ判ってきた気がします。
 まだまだ、勉強しないといけませんけどね・・・

 たくさん買った本の中で、私と同じような初心者の方にも、編み物の作り方が解りやすく解説されていてオススメをご紹介します。


ゆび編み―編みものビギナーにおすすめ


かぎ針でかんたん編みもの


私の編みもの教室―はじめてでも、だいじょうぶ

編み方あれこれ

 まずは、編み方を覚えなければなりませんね。

 ”棒編み”と”かぎ編み”が一般的なようです。

 子供のころ、母が棒を2本使って器用に編んでいたのを、覚えています。
 今になれば、「あれが”棒編み”なんだ!」って思います。

 棒に巻き取った(?)系との目の数を数えながら、どんどん長くなって行く毛糸。
 子供ながらに、「母はすごいな〜」って思いましたね。

 でも、毛糸を玉の形に巻き取る(編む準備?)作業のために、よく両手首を貸してあげたものです。
 あれも、意外と疲れますよね(笑)

 もう少し早く目覚めていれば、母に教えてもらえたのにな〜

 もう一方の”かぎ編み”は、1本の先の曲がった”かぎ針”で、編む編み方です。
 たまに電車の中や公園で、”かぎ編み”をやっている人を見かけます。

 見事な指使いで、さっそうと編んでいる姿を、いつも感心してみています。

 この”かぎ編み”を使い、かわいい「くまのぬいぐるみ」を、たった1日で編んでしまう友達もいます。
 私も1つ作ってもらいましたが、とってもかわいくて携帯に付けて持ち歩いています。

 
 私は初心者ですから、どちらの編み物の作り方がいいのかな〜
 やっぱり、簡単な方からチャレンジですね(笑)

いろいろな編み方

 ひと口に編み物と言っても、いろいろな編み方があるものです。
 編みたい物によっても、効率の良い作り方があるのではないでしょうか?

 編み物の対象としては、真っ先に思い浮かべるのがマフラーですね。
 あとは、帽子・手袋・靴下・コサージュ・ベビー服・セーター・ショール・ストール・レッグウォーマーなどが考えられます。

 私は、編み物は全くの初心者なので、作り方などを調べながら、少しずつチャレンジして行きたいと思っています。

 お友達で、編み物が得意な人がいるので、いろいろ話を聞いてきました。

 まずは、どのくらいで完成するの?
(まだ、編み方も知らないのに、無謀にも質問してしまいました(笑))

 マフラー・・・3〜4日
 手袋 ・・・2〜3日
 セーター・・・2〜3ヶ月
 ニット帽・・・1日

 おおよそに期間を聞いてみた結果が、以上です。

 もちろんその人の技量や、編み物に費やす時間によっても変わるようですが、おおよその目安として、覚えておきたいと思います。

 いろいろ、覚えなきゃならないことが多いかもしれませんが、「習うより慣れろ!」ですかね?